X
言語スイッチャー

Faculty

教員名Research Content
炭谷 俊樹 学長
炭谷 俊樹 学長
 

マッキンゼーでの経営コンサルティング、ビジネス・ブレークスルー大学での問題解決手法、東京大学i.School等のファシリテーターなど、幅広い課題解決の経験に基づき、本学のコアカリキュラムである「探究実践」手法を開発、全学生の必須科目として自ら教鞭をとっている。

福岡 賢二 学長代理
福岡 賢二 学長代理
 

2010年より神戸情報大学院大学 副学長として大学運営の指揮を執るとともに、アフリカ・ルワンダにおけるICT4Dに先駆・草の根的に取り組む。以降、アフリカにおけるICT人材育成、産業振興に尽力し、日本とアフリカの友好促進に貢献。2019年1月、TICAD7に先立ち日本政府がアフリカ連合議長であるポール・カガメ ルワンダ共和国大統領を招聘した際には、各界を代表して歓迎諸行事に参加。日本、ルワンダの両政府から本学の教育と取組みが高く評価された。2018年には米国航空宇宙産業との共同ベンチャーとして、スウィフト・エックスアイ株式会社を設立し、代表取締役に就任。

内藤 智之 副学長(特任教授)
内藤 智之 副学長(特任教授)
 

(株)フジタにて国際プロジェクトマネジメントに従事後、独立行政法人 国際協力機構(JICA)にて運輸交通・情報通信課長、計画課長、外務省開発政策上級専門員(出向)など。2011年に世界銀行へプログラムマネージャーとして移籍。2015年よりJICA国際協力専門員(ICT・イノベーション分野)。2021年3月に神戸情報大学院大学へ移籍、4月より現職。

土田 雅之 研究科長(教授)
土田 雅之 研究科長(教授)
 

今まで企業で取り組んで来た、MOT(技術経営)や技術者育成などの経験を活かして、ICTを活用した価値づくりについて、一緒にトライしながら研究していきたいと思っています。

高田 浩幸 特命教授
高田 浩幸 特命教授
 

大学卒業後、青年海外協力隊、社会学隊員としてアフリカのザンビアで農村開発に従事。帰国後、埼玉大学大学院政策科学研究科(現、GRIPS)にてインドネシアの村落開発政策を研究。在学中2年間の休学期間でインドネシアの青年海外協力隊のプロジェクトに従事。大学院卒業後、在職である(独)国際協力機構(JICA)に入構し、以来 20 年あまり、同機構で筑波国際センター研修業務課長、トルコ事務所次長、アフリカ部計画・TICAD推進課長、ルワンダ事務所長などを歴任。

高原 敏竜 特任教授
高原 敏竜 特任教授
 

ICT4D: 開発のためのICTをテーマに、多様な文化的背景の中でどのように人々がICTを使って、より良い生活を作っていけるのか?を色々な角度から掘り下げ、考えていきます。

マルコン シャンドル 教授
マルコン シャンドル 教授
 

ヒューマンインターフェース技術、特に空中映像を医療情報可視化やアミューズメント等に応用する研究に学生と共に取り組んでいる。また発展途上国の農業・医療・防災等の問題にセンサーネットワークを使ったソリューションを留学生と一緒に研究しています。

嶋 久登 教授
嶋 久登 教授
 

インターネットを応用したサービスとそれに必要なセキュリティ技術の開発に取り組んでいます。インターネット上のサービスとスマートフォン、各種センサーやスマートカードなどを組み合わせることで、社会やビジネスの役に立つ機器やサービスを開発していきたいと思っています。

山中 俊之 教授
山中 俊之 教授
 

エジプト、英国、サウジアラビアに在住、約100か国視察、8年間の外交官、16年のコンサテイング・トレーナー、経営者の経験を基に新興国の社会問題解決に取り組んでいます。

伊藤 守 教授
伊藤 守 教授
 

学生たちと共に、ソフトウェア・エンジニアリングやプロジェクト・マネジメントの実践力を高め、社会のさまざまな課題の解決を目指して挑戦しています。システムモデリング、ビジネス・アナリシス、サービス工学、リーンスタートアップ、デザイン思考にも取り組んでいます。

奥田 亮輔 教授
奥田 亮輔 教授
 

半導体事業会社において、ハード開発では各種デジタルシステム向けLSIの設計、ソフト開発ではDSPやマイコンの組込ソフトの開発に従事。現在は、組み込み機器のハード・ソフト設計、ユビキタスコンピューティング、Webアプリケーションのテーマに取り組んでいます。

ルクムエナ センダ 教授
ルクムエナ センダ 教授
 

Reading, Analyzing and Interpreting the Space Physical arrangement in urban and peri-urban areas using ICT in order to generate responsive input to all parties involved in socially innovative development and delivery of future, friendly, resilient and creative cities.

平石 輝彦 教授
平石 輝彦 教授
 

要求工学 / ソフトウェア工学 / ソフトウェア品質保証 / ソフトウェアプロセス改善 / 機器組込みソフトウェアの開発

二見 強史 准教授
二見 強史 准教授
 

民需・公営企業・官公庁の分野で、システム開発の発注者側・受託者側双方の立場で、フィールド・エンジニアと監督職双方の業務経験があります。経験を活かして、問題解決のプロフェッショナルとしてのシステム・エンジニアを育成できればと考えます。

大寺 亮 准教授
大寺 亮 准教授
 

デジタル画像処理やパターン認識、視線検出などの研究に従事。近年では、人間の視覚情報処理の再現、スペクトルイメージング、画像の改竄検出、環境騒音の可視化、写真からの水墨画画像の生成など、画像に関する幅広いテーマについて、学生と共に取り組んでいる。

ムハッマド ワッヌース 准教授
ムハッマド ワッヌース 准教授
 

I have always been interested in implementing technology in solving problems of any nature. Technology has been and in my opinion will continue to be a great tool in the hands of researchers.

I have worked so far on integrating technologies such as Virtualizations, Virtual Network Computing, and other web technologies in introducing virtual laboratories that can be used in ICT courses. I also worked on linking the virtual laboratories with the Learning Management Systems so that practical activities can be integrated into online courses. I have also worked on the use and implementation of Cloud Computing and Mobile technology in education.

Everyone who is seeking to implement web and mobile technologies in solving any kind of problems is welcome to my laboratory.

孫 一 講師
孫 一 講師
 

情報教育、教育工学、eラーニングなど、教育に情報システムを活用する研究をしています。「使う人の立場」をポリシーとして、最近では、エンジニアを育成するためのネットワーク技術教授方法、情報技術の学習方法、視線追跡装置を活用した英語教育などの研究に取り込んでいます。

山中 敦之 特任教授
山中 敦之 特任教授
 

阪神神戸大震災をきっかけにICTを活用した社会問題解決に興味を持ち、その後国連開発機構(UNDP), 世界保健機構(WHO・PAHO)などの国際機関で開発途上国のICTと開発とナレッジマネージメントを進めてきた。その後JICA専門家としてルワンダの国家ICT戦略策定事業の支援、ルワンダのICT民間セクター開発支援などに従事してきた。過去20年以上にわたるICT4Dの経験を基に、日本から世界に通用するICT4Dプロフェッショナルの育成に取り組んでいる。

矢野 孝一 特任教授
矢野 孝一 特任教授
 

神河町をフィールドに、国内の地方に共通する社会課題の解決にICTを活用したプロジェクトモデルの構築に向けた研究を行い、そのモデルを国内の他の地域、そして海外へも展開することを目指します。

杉山 郁夫 特任教授
杉山 郁夫 特任教授
 

都市と環境の計画を専門とします。これらの計画や設計では、建築、交通、ライフライン、co2 排出量、災害リスク分析を考慮します。また近年、スマートシティに代表される都市の情報化が進み、ICTを利用した事業評価や市民との合意形成も研究対象にしています。

横山 輝明 特任准教授
横山 輝明 特任准教授
 

インターネット構築運用や応用サービスなど、ネットワーク分野全般の研究開発に従事。IoTなどの身近な機器をネットワークに繋ぐための技術や、SDNを用いたネットワークの高度化など、産業界や他大学と連携しながら実践的な研究開発を学生とともに取り組んでいます。

竹内 知成 客員教授
竹内 知成 客員教授
 

青年海外協力隊(エチオピアでIT教師として活動)をきっかけにICT4Dに関心を抱き、マンチェスター大学大学院ICT4D修士課程修了。2010年から国際協力機構(JICA)に勤務し様々な情報通信案件を担当した経験に基づきKICで客員講師を勤める。

小塩 篤史 客員教授
小塩 篤史 客員教授
 

東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程在籍時に、株式会社ミナラボを創業。以後、データサイエンス・人工知能関連の企業を4社創業し、先端技術を活用し現実社会での課題解決に取り組んでいる。また平行して学術的な活動も続け、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院客員研究員、東京大学政策ビジョン研究センター特任研究員、日本医科大学医療管理学教室助教などを歴任し、ヘルスケア領域での人口知能活用の研究を行い、主に医療情報領域での論文を多数執筆している。現在は株式会社IF代表取締役として、人工知能時代のビジネスモデル構築から人工知能システム開発を一貫して行っている。また、アジア開発銀行において、高度技術専門家(AI分野)として、SDGsの達成のためにAI等の先端技術活用を進めていくための人材育成、プロジェクト組成に取り組んでいる。

 

小田  真人 客員教授
小田 真人 客員教授
 

「未来を洞察するための情報」として政府・企業や研究者に提供できる各国の政策をビッグデータ解析しています。例えば、近年確立した翻訳技術をテキストマイニングに応用することで、点在していた情報が意味あるものとして繋がります。このように「課題ドリブン」で技術を活用することの大切さを学生の皆さんにお伝えしていきます。

井之上 喬 客員教授
井之上 喬 客員教授
 

地球規模で変化が進み、グローバリゼーションがハイパー化する中、経済、技術、文化に対して広範で優れた知見を有する日本への世界の期待と関心は相変わらず高いものがあります。

狩野 剛 客員教授
狩野 剛 客員教授
 

デジタル人材育成、外国人人材活用、ICT産業開発、イノベーションを主な研究分野として、主にバングラデシュ・ルワンダ・日本を研究対象として研究。民間IT企業での金融システム経験、JICAでのICT4Dの実務経験も活かし、研究と実務の両方から社会課題の解決に取り組んでいる。また、日本国内でのICT4Dの普及と人材プラットフォーム構築のために(一社)ICT for Developmentを立ち上げ、オンラインサロンやブログを運営している。

宮本 行庸 特命教授
宮本 行庸 特命教授
 

人工知能の分野、主に機械学習、パターン認識、進化型計算の研究に従事。また、反復学習による情報教育にも力を入れる。最近では、国内外における情報処理技術者試験(ITEE)対策の教授法策定について取り組んでいる。

林 卓生 客員教授
林 卓生 客員教授
 

企業の採用戦略および求める人物像の調査、動向分析(特に情報技術系企業)、
就職活動に成功する学生の人的因子と、それを身に着けるための行動特性分析と指導をおこなっている。

オープンキャンパス
お申込み

オープンキャンパス<br>お申込み
SDGs 教員紹介

オープンキャンパス申し込み

オープンキャンパス参加お申し込み 参加お申し込み