エンジニアとしての転職を希望する方へ。新しい社会を創造できる人材としてキャリアを再起動!
今、ITを学ぶ意義を考えてください。

あなたは何故、ITを学びたいのでしょうか?

高い給料、より良い職場環境を求めてでしょうか?
確かに今、日本ではIT企業、ユーザー企業ともに重大なIT人材不足に陥っています。
人材獲得競争は激しさを増し、中には新卒エンジニアに
1,000万円以上の報酬を支払う企業も現れてきました。
そんな中、高いITスキルを身に付けて、自分の人生を変えたいと思われる方も多いと思います。
しかし、今この時代にITを学ぶ意義はそれだけではありません。
内閣府ではAIやIoT、ロボット技術などによる経済発展と社会課題解決を両立する
人間本位のスマート社会の実現に向けて「Society5.0」という国家戦略を打ち出しました。
これからITを学ぼうとする方は、人類がこれまでに経験したことの無いような
大きな社会変革に直接的に関わっていける楽しみがあるのです。

エンジニアとしての転職を希望する方へ。新しい社会を創造できる人材としてキャリアを再起動!
今、ITを学ぶ意義。

あなたは何故、ITを学びたいのでしょうか?

高い給料、より良い職場環境を求めてでしょうか?
確かに今、日本ではIT企業、ユーザー企業ともに重大なIT人材不足に陥っています。

人材獲得競争は激しさを増し、中には新卒エンジニアに1,000万円以上の報酬を支払う企業も現れてきました。
そんな中、高いITスキルを身に付けて、自分の人生を変えたいと思われる方も多いと思います。
しかし、今この時代にITを学ぶ意義はそれだけではありません。
内閣府ではAIやIoT、ロボット技術などによる経済発展と社会課題解決を両立する
人間本位のスマート社会の実現に向けて「Society5.0」という国家戦略を打ち出しました。
これからITを学ぼうとする方は、人類がこれまでに経験したことの無いような
大きな社会変革に直接的に関わっていける楽しみがあるのです。

続きを読む

IT人材不足は今後ますます深刻化

ITニーズ・市場は今後も拡大を続けることが
見込まれています。

経済産業省による「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、今後もIT人材の不足規模が拡大する見込みであることが報告されています。

■ IT人材の不足規模に関する予測(中位シナリオ)

IT人材の不足規模に関する予測(中位シナリオ)の説明図

出典:経済産業省ウェブサイト

IT関連産業における給与水準

専門技術を求められるIT関連産業の給与水準は、民間給与の全体平均より高くなる傾向にあります。

IT関連産業は、専門性の高い知識・技術を修得することによりスキル標準レベルの上昇に応じて、民間の全体平均を上回る給与水準で推移しています。

グラフの平均給与レベルについて IT関連産業は、専門性の高い知識・技術を修得することによりスキル標準レベルの上昇に応じて、民間の全体平均を上回る給与水準で推移しています。

■ 民間全体とIT関連産業のスキル標準レベル別平均給与

民間全体とIT関連産業のスキル標準レベル別平均給与

※民間全体給与平均について:
出典:厚生労働省ウェブサイト

※IT関連産業のスキル標準レベル別平均給与について:
出典:経済産業省ウェブサイト

資料請求・オープンキャンパスは
こちらから!

お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルから

専門職大学院とは

KICは国内で数少ない
IT系専門職大学院の一つです。

専門職大学院は2003年の学校教育法改定により設置が認められるようになった新しい種類の大学院です。

研究者を育成する従来の大学院に対し、専門職大学院では高い専門性を持った職業人材すなわち「エキスパート」を育成する教育機関です。

専門職大学院の役割について

専門職大学院の種類

  • ■法曹(法科大学院)
  • ■ビジネス(MBA)技術経営(MOT)
  • ■会計(アカウンティングスクール)
  • ■教員養成(教職大学院)など

■ IT人材育成における教育機関の機能分担

IT人材育成における教育機関の機能分担の説明図

IT未経験、文系出身の方も
心配ありません

KICにはIT関連の仕事に転職したい社会人の方が数多く入学されます。
約半数がITに関して修学・就労経験の無い方です。
KICではエンジニアに必要な技術、ITをビジネスに応用するスキルを、
初歩から段階的にステップアップできるカリキュラムを用意しています。

KICが選ばれる本当の理由

KICは『探究実践』によってあなたの人材価値を
飛躍的に高め、活躍のフィールドを広げます。

探究実践はKICオリジナルの課題解決手法です。
社会の課題を発見し、自分の強みを磨きながら、「現場」でシステムづくりを実践、仮説検証を繰り返しながら課題解決を行います。
このプログラムを通じ、通常のエンジニアには不足しがちな課題解決に必要な視点、思考法、行動様式を身に付けます。
探究実践力の土台にITスキルを積み上げることで、
IT企業だけでなく、金融、教育、医療、農業、交通、行政など様々な領域で
課題解決や価値創造を提供できる能力を獲得できます。
まずはお気軽に資料請求、オープンキャンパスへご予約ください。

修了生の多くがエンジニアとしての
転職に成功しています。

関電システムソリューションズ株式会社 勤務KIC10期生

ビジネスシーンに直結するKICでの学び

KICで学んだ「チームで力を合わせた課題解決」の授業が、日頃の業務の上でとても役に立っています。現在も数人でチームを組んで業務に当たることが多いので、学生時代の経験がこれほど仕事に生かせるとは思っていませんでした。KICでの2年間でしっかりとビジネスの場面に直結する学びを得られたことを、改めて実感しています。

続きを見る 

関電システムソリューションズ株式会社 勤務KIC10期生

バラエティに富んだカリキュラムで
スキルの幅を拡大

KICでは、単なるツールであるICTをいかに価値あるものへと昇華するか、その考え方とプロセスを学びました。また、ソフトウェア開発における上流工程を意識したPMBOKについて体系的に学ぶ講義があったり…

続きを見る 

就職先紹介(順不同 一部抜粋)

  • ■野村総合研究所
  • ■ソニー
  • ■ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ
  • ■ヤフー
  • ■NTTコミュニケーションズ
  • ■NTTコムウェア
  • ■NTTソフトウェア
  • ■NECシステムテクノロジー
  • ■日本総合研究所
  • ■JR西日本ITソリューションズ
  • ■SRA
  • ■オージス総研
  • ■NECシステムテクノロジー
  • ■関電システムソリューソンズ
  • ■NECパーソナルプロダクツ
  • ■ヤマトシステム開発
  • ■日本SGI
  • ■ニッセイ情報テクノロジー 他

Q&A

転職、学費、試験 etc
社会人のみなさまの不安や疑問にお答えします!

IT未経験、文系出身でも大丈夫?

KICにはIT関連の仕事に転職したい社会人の方が数多く入学されます。約半数がITに関して修学・就労経験の無い方です。 KICではエンジニアに必要な技術、ITをビジネスに応用するスキルを、初歩から段階的にステップアップできるカリキュラムを用意しています。

大卒資格が無くても大丈夫でしょうか?

入学要件は大卒以上、入学時22歳以上ですが、
大卒資格が無い方でも、独自の出願資格審査に合格後、
出願することができます。詳しくは、お気軽にご相談ください。

入試 / 募集要項 

面接だけの選抜試験とは?

社会人特別選抜入試では、数学や英語などの学業からのブランク期間を考慮し、入試は面接のみです。
面接は受験者の知識や経験を問うためのものではなく、KICでどのようなことを学びたいのか、何のために入学したいのかを確認し、マッチングを行う場であるとお考えください。

仕事を続けながら学ぶことも可能でしょうか?

KICでは平日夜間・土曜にも授業を開講している他、3年~4年間で修了する長期履修制度もあります。
このため仕事を続けながら学ぶことが可能です。

学費・給付金について

KICは専門実践教育訓練給付金の対象講座に認定されています。
2年間で最大112万円の給付金を受け取ることができ、学ぶ方の経済的負担を大幅に軽減します。(給付条件あり)

入試 / サポート体制 

修了時はどのくらいのスキルアップが見込めますか

総合エレクトロニクスメーカー等での開発やマネジメントの経験が
豊富な実務家教員による実践的な授業が中心です。
初心者から学び、修了時にはミドルレベル以上のITスキルをもった人材として就職できます。

資料請求・オープンキャンパスは
こちらから!

お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルから

オープンキャンパス申し込み

オープンキャンパス参加お申し込み 参加お申し込み
  資料請求はこちらから資料請求はこちらから