言語スイッチャー

カリキュラム

探究実践と特別課題研究(概要とシラバス)

1年次の夏から研究室に所属し「特定課題研究」に取り組みます。

自らの強みを活かして社会に貢献し価値を生み出す「探究」の考えを学ぶと共に、特定課題研究では各々の課題について、ICT技術を活用した新しい価値提供の仮説を構築し、検証を行います。この間、徹底した調査やディスカッションも行います。また、類似の解決策を調査することにより独自性の確認を行い、経費シミュレーションなどにより収支面からも検証を行うことで、実現の可能性を検討します。最終的には、アクションプランとして完成させるとともに修士論文として纏め、発表できるところまで取り組みます。

開設科目

科目名科目概要シラバス
探究実践演習自らの経験や技術などの強みを活かし、社会に貢献し価値を生み出す「探究」の考え方を知る。実際に探究テーマを決め、社会への価値提供の仮説の作成と検証を実践することで、探求プロセスを学習する。
特定課題研究A探究実践に基づく課題解決実践1 (課題発見~解決策(仮説)設定~検証~テーマ設定)
特定課題研究B探究実践に基づく課題解決実践2 (解決策実践~検証・評価~改善)
  • お問合わせ
  • 資料請求

このページを見た人は下記のページもみています。

カリキュラムの特徴/全体像

カリキュラムの特徴/全体像

2年間のカリキュラムはプログラミングや情報ネットワーク等の情

各領域の科目(概要とシラバス)

各領域の科目(概要とシラバス)

情報システム、ソフトウェア開発に必要な基礎知識の修得のほか、

履修モデル

履修モデル

技術者として本学修了後は三つの領域(ネットワーク、システム、

オープンキャンパス開催中! 資料請求