アクセス  お問い合わせ
言語スイッチャー
オープンキャンパス2017 11/24[金]・11/25[土] | 授業見学・教員懇親会で疑問点や不安の解消が可能! 詳細・お申し込みはこちら
ハイレベルエンジニア、高度ICT利活用人材を育成する大学院 ハイレベルエンジニア、高度ICT利活用人材を育成する大学院

3つの技と、2つの育成人材像

①仮説検証を繰り返し、現場で結果に結びつける力
②ICTについての知識や技術、開発経験
③ビジネスや課題解決にICTを利活用する力を育てます。

修了後は、「高度なICTスキルを有するエンジニア」や、高いアンテナと広い視野を備え高度なレベルで
「ICTを利活用できるビジネスリーダー」としての活躍が期待されます。

ICTスペシャリスト ICTスペシャリスト

ビジネス戦略に基づき、ICTソリューションやシステムの要件を定義すると共に、関連する技術を最適に組み合わせ、全体のアーキテクチャを設計できる人材

ICTアーキテクト ICTアーキテクト

受注したICTプロジェクトを成功に導くため、計画・遂行・成果を定め、進捗を管理すると共に、リーダとして関係者を牽引できる人材

ICTプロジェクトマネジャ ICTプロジェクトマネジャ

顧客のニーズを分析し、アプリケーション、ソフトウェア、プロダクト、サービスなどを創造・開発できる人材

ビジネスイノベータ ビジネスイノベータ

マーケティングやプロダクトなどの事業戦略を立案し、ICTを活用した新しいビジネスやサービスをリーダシップを発揮しながら創造できる人材

プロセスイノベータ プロセスイノベータ

顧客のニーズや業務の課題を分析し、ICTを活用してビジネスプロセスの改善・改革の指揮をとれる人材

ソーシャルイノベータ ソーシャルイノベータ

社会における課題を調査・分析し、ICTを活用して新たな社会基盤の構築を目指す人材

Why Kic?

KICが選ばれる理由

だからKIC! 1

社会に必要とされる人材

AI、IoT、big dataなどによる社会変化は、次々に新たなテクノロジーに対するニーズを呼び、ICT人材がどこでも、常に必要な時代となりました。

だからKIC! 2

総合的かつ
実践的な学び

ICTの基礎的な知識、技術を学んだ後、アプリやソフトウェアの開発から社会実装に向けた研究までを、プロジェクトで取り組むことで、実務能力の高いエンジニアやイノベータを育てます。

だからKIC! 3

キャリアに関係なく
スタート

ICT実務経験の有無、出身学部などに関わらず、ICT学習のスタートを切れるようにカリキュラムを整備しています。また、入学直後より長期的なキャリア設計とそれに向けた履修科目に対するアドバイスも行っています。

だからKIC! 4

どこへでも行ける

KICにはアフリカ、中東、アジア、欧州より志の高い留学生が入学し英語で授業を受けています。彼らとの交流を通じて国際的なコミュニケーション能力を磨けば、世界のどこに行っても活躍の場が広がります。

CURRICULUM

ICTの本質を修得する2年間

探究実践をベースに講義・実践科目と特定課題研究で構成されたカリキュラム

修得フロー図

初心者でも安心!基礎知識をしっかり修得!

情報システム、ソフトウェア開発に必要な基礎知識の修得のほか、コンピュータやネットワークに関する体系的な教育を受けていない学生に対して、これらの基礎的な知識を与える情報科学の講義を開講。

最先端の高度な情報技術を学ぶ!

より専門性の高い知識や技術を修得する専門領域は以下の4つの領域[OSS領域][ネットワーク領域][情報アーキテクチャ領域][プログラミング領域]から構成されています。

実践を通じて、ICT技術の活用方法を修得

特定課題研究ではある一つのテーマに着目し、現状分析から課題抽出そして問題解決までトータルに研究を行ったり、複数名のメンバーでプロジェクトを企画・運営し、開発などの実践的な作業を行います。また、インターンシップ等の制度を用いて、企業でソフトウェアやシステム構築の現場を経験することもあります。

カリキュラム
学校説明会開催中! 資料請求