X
言語切り替え
KICにおける生成AI活用ガイドラインの紹介 - 新たな知識の可能性への一歩
【間もなく3月1日〆切!】国の支援による学費等全額補助でキャリアアップ! 2024年4月入学のハロートレーニング募集中!

教員紹介

竹内 知成 客員教授

竹内 知成 客員教授

Profile

専門商社、日本国内の大手システムインテグレーターを経て青年海外協力隊へ参加し、エチオピアにてIT教師として活動。
その後、在エチオピア日本大使館に「草の根・人間の開発無償資金協力」を担当。レベルでの学校建設、井戸・「灌漑施設設置、公衆衛生改善など各種開発プロジェクトを支援。
マンチェスター大学大学院にてICT4Dの修士号を取得後、国際協力機構(JICA)へ入構。情報システム部、経済基盤開発部、ガーナ事務所、総務部等で技術協力、無償資金協力、有償資金協力といった各種スキームでのプロジェクトマネジメントを経験。
アビームコンサルティングを経て2019年からデロイトにてICT4Dに関連するODA案件や民間企業の途上国展開支援等に従事。

科目・専門分野

  • ICT for Development

主要な研究テーマ・専門分野

  • 国際開発におけるデジタル技術利活用
  • ODAプロジェクトマネジメント
  • 民間ビジネスを通じた途上国開発課題の解決
  • デジタル技術を活用した民間企業サービスの新興市場展開

著書

  • 翻訳本「デジタル技術と国際開発(Richard Heeks著「Information Communication Technology for Development」の日本語版の監修・監訳を担当)」(日本評論社、2022年)
  • 共著「Promoting Quality and Productivity Improvement/KAIZEN in Africa(Chapter 6: Which One Does Africa Need, Innovation or KAIZEN?を担当執筆)」(JICA Ogata Sadako Research Institute for Peace and Development, 2022年)
  • 共著「Handbook on ICT in Developing Countries: 5G Perspective(Chapter 9: How Africa Can Gain Benefits from Next Generation Networksを担当執筆)」(River Publishers, 2017年)
  • 共著「Free and Open Source Software and Technology for Sustainable Development(Chapter 3: FOSS as a driver: from the ICT development agendaを担当執筆)」(United Nations University Press, 2012年)

講演

  • 「デジタル技術と国際開発 〜年々進化が加速するデジタル技術を最大限に活用するには?〜」2022年11月、国際開発機構(FASID)第249回 BBLセミナー
  • 「これからの途上国の産業開発を考える」、2021年7月、政策大学院大学(GRIPS)およびJICA緒方貞子平和研究所共催
  • 「Diversifying sales channels through using E-commerce: case in Indonesia」、2021年3月、世界貿易機関主催Aid-for-Trade Stocktaking Event 2021」
  • 「ブロックチェーンで何が変わる?」、2018年9月、日本財団主催「ソーシャル・イノベーション・フォーラム」
  • Free and Open Source Software and Technology for Sustainable Development」、2012年9月、8th IFIP WG 2.13 International Conference, OSS 2012, Hammamet, Tunisia

Message

ICTの可能性は無限大

私が青年海外協力隊としてエチオピアでIT科目の教師として活動した際、現地で遠隔教育が導入されました。この遠隔教育プロジェクト実施を目の当たりにしたことがきっかけでICT4Dの仕事を志し、その後、JICAではICTインフラ整備からツールとしてICTを活用した開発プロジェクトまで、各種ICT4Dプロジェクトのマネジメントに従事しました。そして現在は、コンサルタントとしてICT4D分野の調査やプロジェクトの実施に関わっています。

ICTの可能性は無限大であり、開発援助の分野でもビジネスの分野でもICTの利活用が大きな鍵になっているのは言うまでもありません。しかしながら、途上国開発とICTの両領域の専門性を有する人材は非常に限られています。本コースではこれらのスキルを同時に身に着けられる点が特徴であり、海外大学院を見てもこのようなコースは極めて稀です。

ICT4Dプロジェクトを成功させるためにはどうしたら良いかというテーマについて、青年海外協力隊での現場経験とJICAでの技術協力、無償資金協力、有償資金協力といった各種開発プロジェクトのマネジメント経験、そしてコンサルタントとしての実践経験を活かして、みなさんのスキルアップに繋がる有意義な講義を行っていきたいと思います。

一覧へ戻る

KIC LINE公式アカウント

オープンキャンパス
お申込み

オープンキャンパス<br>お申込み
オンライン個別相談受付中 SDGs 教員紹介

オープンキャンパス申し込み

オープンキャンパス参加お申し込み 参加お申し込み