言語スイッチャー

Faculty

横山 輝明 講師

横山 輝明 講師

Profile

2007年3月、奈良先端科学技術大学院大学博士後期課程修了
博士(工学)
完全オンライン大学のサイバー大学に開学より参加し、講師としてオンライン教育の提供に取り組む
また、奈良先端科学技術大学院大学インターネット工学講座外部研究員としてインターネット関連技術の開発研究に関わる
アジア地域の教育研究プロジェクトAI3にて、プロジェクト運営と人工衛星インターネットの構築運用を担当
WIDEプロジェクト、サイバー関西プロジェクトに所属

科目・専門分野

  • 情報ネットワーク特論2
  • ネットワーク特別実験2
  • 特定課題研究A
  • 特定課題研究B
  • Fundamentals of Information Networks

主要な研究テーマ・専門分野

インターネット構築運用技術やインターネット応用サービスについて研究開発に取り組む。最近では、災害や途上国などにおける通信技術として期待されている蓄積運送型通信技術を用いた通信サービスの構築、社内情報ネットワークの可視化・高度化、SDN技術を用いた通信トラフィック制御などのテーマに学生と一緒にと取り組んでいる。また、ICT技術の過疎地域の振興への活用についても共同研究中。

主な研究・実務実績

インターネット構築技術やネットワーク運用技術を実施。アジア地域の衛星インターネットAI3の奈良拠点の構築運用に取り組む。

Message

学生のみなさん、こんにちは。ネットワーク技術とその応用を研究課題にしている、横山です。

ネットワークはあらゆる分野において活用が期待されている技術です。ネットワーク技術を勉強することは、とても強い力を持つことにつながり、さまざまな問題解決に取り組むことができます。

ネットワーク技術の活用には、プログラム、コンピュータ、ネットワークの全てをきちんと理解して使いこなすことが重要です、そのために、研究室で実際の機器に触れて遊んでもらうことを大事にしています。そのうえで、自分のアイデアを形にすることに挑戦してもらいます。ICT技術の面白いところは、自分の考えたことを形にして試すことができることです。実際に手を動かし、何を創ることで、頭で考えたことを形にする能力を身につけましょう。

私の研究室では、皆さんに研究をしてもらいます。研究活動は、調査、考察、提案、設計、プログラミング、実験、評価、発表などの様々な知的活動を実施する、知の総合的活動です。研究を経験することで、自分で問題を見つけて解決することができる人間になってもらいたいと思います。

インターネットやコンピュータが関係することであれば、どんなことでも研究テーマにすることができます。みなさん、ぜひ一緒に研究を楽しみましょう!

このページを見た人は下記のページもみています。

横山 輝明 講師 研究室

横山 輝明 講師 研究室

自分で課題を見つけて解決方法を実際に作り上げることができる人

一覧へ戻る

学校説明会開催中! 資料請求