言語スイッチャー

サポート体制

学費などへの支援

文部科学省による奨学金

国費外国人留学生の優先配置を行う特別プログラム 国費外国人留学生を我が国の大学に重点的に配置する「国費外国人留学生の優先配置を行う特別プログラム」に採択されました。

  • ※ 日本国籍の方は応募できません。

外国人(留学生)学費援助制度

「留学」の在留資格で入学する者(私費外国人留学生に限る)のうち、経済的理由により修学が困難な者に対し、学費援助奨学金として550,000円(日本円)を1年次の学費から減免します。
2年次の学費減免については、1年次の学業成績、学生生活態度及び経済状況を総合して判断のうえ、決定します。

  • ※ 奨学金の返済義務はありません。
  • ※ 学習態度等により、奨学金の支給(学費の減免)を打ち切る場合があります。

独立行政法人国際協力機構(JICA)による奨学金

未来への架け橋・中核人材育成プロジェクト 詳細はJICAアフガニスタン事務所へお問い合わせください。 http://www.jica.go.jp/afghanistan/office/index.html

アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ「修士課程およびインターンシップ」プログラム ABEイニシアティブについては以下のJICAのサイトにてご確認ください。 http://www.jica.go.jp/regions/africa/business/internship.html

応募要領などの詳細(英語のみ)
http://www.jica.go.jp/english/countries/africa/internship.html

奨学金(日本学生支援機構)

日本学生支援機構(JASSO)の奨学金の活用が可能です。以下に参考例を載せておりますので、ご参考になさってください。

  • ※ 社会人の方も利用可能です。
第一種奨学金無利子月額50,000円
月額80,000円
第二種奨学金有利子月額50,000円
月額80,000円
月額100,000円
月額130,000円
月額150,000円
  • ※ 日本学生支援機構奨学金(2015年度参考)

独立行政法人日本学生支援機構より貸与される奨学金であり、2014年度においては、第一種奨学金・無利子(月額50,000円、88,000円)と第二種奨学金・有利子(月額50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円から選択)があります。

本学にて選考の上、日本学生支援機構へ推薦。採否については当該機構が決定いたします。また、特に優れた業績をあげた大学院生を対象とした貸与期間終了時の返還免除制度もあります。
詳細は、日本学生支援機構ホームページをご参照ください。
日本学生支援機構ホームページ

専門実践教育訓練給付金

本学情報技術研究科情報システム専攻は、働く人の主体的で、中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とした雇用保険の給付制度である「専門実践教育訓練」の指定講座になっています。一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)、または一般被保険者であった方(離職者)が、本学所定の教育課程を修了した場合、ハローワークから本人が支払った学費の一定割合(本学の場合:上限96万円)が支給されます。
詳細は以下をご確認ください。

専門実践教育訓練給付金の指定講座になりました。
(支給にはその他の条件もありますので、お問い合わせください。)
お問い合わせ
詳しくは専門実践教育訓練の給付金のご案内(PDF)をご覧ください

育児・介護等離職者再就職準備支援補助金(兵庫県)

育児・介護等で離職した方が、再就職に向けて知識習得やスキルアップを目的に受講した教育訓練講座の受講料を補助する制度(育児・介護等離職者再就職準備支援補助金)の対象講座になっています。

補助額入学金と受講料の合計金額の20%(上限10万円)
対象者次のいずれの要件も満たす方

県内在住の65歳未満の方
結婚、妊娠、出産、育児、介護、配偶者の転勤を理由に離職し、再就職を目指している方
国の教育訓練給付金の受給資格を有しない方
詳細はこちらから

学費サポートプラン

株式会社オリエントコーポレーションと提携して、入学生・在学生の経済的負担を軽減するため、簡単な手続きで利用可能な学納金分納制度『学費サポートプラン』を導入しています。入学金や授業料などの学納金をオリコが学生に代わって大学に立て替え払いする制度です。

利用対象学納金
利用可能者入学予定者及び在学生
融資限度額10万円以上500万円以下(累積合計額)

『学費サポートプラン』

学校説明会開催中! 資料請求