アクセス  お問い合わせ
言語スイッチャー
オープンキャンパス2017 11/24[金]・11/25[土] | 授業見学・教員懇親会で疑問点や不安の解消が可能! 詳細・お申し込みはこちら

学生・修了生の声

在学生からのメッセージ

ICT イノベータコースには、実践的なICT の知識・技術と共に、ICT4D(=ICT を活用した社会開発) に関する専門的かつ実践的な知識やノウハウを学ぶため、多くの開発途上国等の海外からの留学生や国際貢献を目指す日本の学生などが日々研鑽を積んでいます。

高原 敏竜

大阪芸術大学映像学科卒業。
JICA(国際協力機構)青年海外協力隊に参加。ITを導入した支援について学ぶためICTイノベーターコースのあるKICへ。

ICTで発展途上国の子どもたちの教育格差を解消したい。

私はJICAの国際協力事業に長年従事した経験から、発展途上国の開発をICTによってもっと充実させることができればいいなと感じていました。この考え方が「ICT4D」で、ICT4Dのエキスパートを育成するコースを持つ学校が神戸にあると知って驚きました。というのも、これまではICT4Dを学ぼうと思ったら欧米へ行かなければならなかったからです。また、ICTの技術を習得するのにもKICはベストの学校で、入学後は日本や母国パキスタンでICTによる教育関係業務の実績のあったパラチャ先生のゼミを選びました。
JICAの協力事業では、セネガルやケニアなどアフリカ諸国を訪れました。発展途上国では、国によって教育の質の差が激しいんです。教育は本来、子どもたちの役に立つもの、そして楽しく、興味を引き出し、なおかつ社会にあったものでなければなりません。ここで学んだ技術を生かして、どの国の子どもたちも良質な教育が受けられるような環境が、ICTで実現できたらいいですね。

井上 彩加

京都外国語大学卒業

国際協力と情報技術に興味があり、学部卒業後、一度就職した後で2014年神戸情報大学院大学へ入学しました。イノベータコースでは、アフリカの国々やアフガニスタンからの留学生とともに日々学んでいます。授業では特に学生間で協力し開発プロジェクトを考える機会が多く、現場での具体的な計画の立て方等を実践的に学ぶことができます。このような場面ではJICA職員や開発コンサルタントなどの専門家から直接意見を頂くこともできて、非常に恵まれた環境にいると思っています。留学生のクラスメートとともに活動に取り組むことで自然に各国の文化や情勢に基づいた考え方をするようになりました。また、私は文系出身者なのですが、技術系の授業はICTの基礎から順に身につけ、その分野の出身者からも教えてもらうこともありとても満足しています。学生は皆それぞれ自分の特性を活かして興味のある分野をテーマに研究しています。学内外で講演会や会議に参加することも頻繁にあります。JICA関西も近くにあり、国際協力関連情報も入手しやすいこと、また、阪神大震災を経験した神戸に位置しているので防災に関する取り組みに係わることができることもこの場所の利点と考えます。現在私は教育関連の研究に取り組んでいますが、修了後も社会や組織の問題にICTを手段とした解決策を提言していきたいと考えています。

Nasratullah Ghafoori

アフガニスタン・イスラム共和国出身

The ICT demand in international market is rising every day; the Innovator course in Kobe Institute of Computing (KIC) is an actual and essential course to fulfill the market interest. In spite of having the ICT knowledge, I was really interested to be part of the teams that create and manage big ICT projects, because I believe that ICT put the world to the part of the sustainable development; in this vein KIC Innovator course was the only option to achieve my dreams.
During the first academic year in KIC we had colossal opportunities that help us to meliorate our personal and professional ingenuity; In KIC beside the technical parts we studied the social parts as well. For instance, the Tankyu concept in KIC is one of the serviceable methods for an Innovator course student to address the issues, provide the possible hypothesis and find a unique solution. Furthermore, the ability to design an ICT4D project from the scratch and making all the necessary documents to achieve the project goal was a significant achievement as well. Meanwhile, the special lectures which have been offered from the experts of different institutions were very useful and gratifying.
The KIC is located in a tourist area of Kobe city where you can find different museums, and meet many foreigners. The international environment in KIC is good fortune for students; It is a great opportunity for cultural and information exchange.
I would like to continue my study in KIC and pursue working as a specialist of ICT4D projects back in my beloved country Afghanistan.

Dédjo Yao Simon

コートジボワール共和国出身

Hello, this is SIMON Dedjo Yao from Ivory Coast, I completed a Master Degree in Geography and a Master degree in GIS & Remote Sensing at University Felix Houphouët of Abidjan. After a few years of professional experience in different projects and especially in the JICA’s project of the “Development of the Urban Master Plan and Transport Master plan of the Greater Abidjan” within the multidisciplinary team of Oriental Consultants Co.Ltd, I realized that I need more skills in the field of ICT (Software Engineering, Programming, Network technology) and ICT4D in order to increase my efficiency and be able to handle real word problems in their holistic dimension. Through JICA’s ABE Initiative (African Business Education Initiative for Youth) program, I got a scholarship and I made the choice to study at Kobe Institute of Computing (KIC) to fulfill my career objectives. At KIC, I belong to Professor Ikuo Sugiyama Lab, a Lab which researches about utilization of ICT for efficient Management of urban area and its development. The research axes of the Lab motivate my choice of that Lab. Personally, I research about the “development of a Flood Alert system for a quasi-real time flood risk information sharing in Abidjan”. I appreciate my Lab research activities which are based on Lab activities with my Supervisor, collaboration with other labs of KIC and Lab of Osaka University (Division of Global Architecture), writing papers and attending conferences and workshops. I hope to get valuable skills during my graduation in order to apply them back to my home country and to set up innovative businesses.

学校説明会開催中! 資料請求