アクセス  お問い合わせ
言語スイッチャー
オープンキャンパス2017 11/24[金]・11/25[土] | 授業見学・教員懇親会で疑問点や不安の解消が可能! 詳細・お申し込みはこちら

カリキュラム

カリキュラムの特徴/全体像/構成

本学の教育システムは、探究実践演習、特定課題研究A、特定課題研究Bのコアとなる課題研究を軸に、実践に必要な理論や手法を学ぶ「社会開発・イノベータ系科目」と「ICT系科目」で構成されています。入学後のカリキュラムは、ICT専門科目群で実践的なICTの知識・技術を修得し、社会開発実践科目群でICT4Dを推進するための知識、ノウハウを学びます。そして各科目群で学んだ知識・技術を特定課題研究で総合的に発揮し、ICTを活用した具体的な課題解決を行うことにより実践的能力を向上させるプログラムとなっています。

特定課題研究では各々の課題について、ICT技術を活用した新しい価値提供の仮説を構築し、検証を行います。この間、徹底した調査やディスカッションも行います。また、類似の解決策を調査することにより独自性の確認を行い、経費シミュレーションなどにより収支面からも検証を行うことで、実現の可能性を検討します。最終的には、アクションプランとして完成させるとともに修士論文として纏め、発表できるところまで取り組みます。

本学は、専門性が高く実践力を有する人材を育成するために、SONYやPanasonicなど、さまざまな企業での業務経験やJICAでの途上国協力経験豊富な実務家教員のみならず、研究者・教育者として人材育成を熟知した教育界のエキスパートが連携した教育、研究指導を行います。

探究実践型授業

探究実践型授業とは、コアとなる理論や実践方法を「講義→演習→発表」の繰り返しにより身につけ、ケーススタディで実務に近い課題解決実践を体験するアクティブラーニングモデルです。開講科目のうち演習系および実験系の授業は、基本的にこの形態で実施されます。

ICT系科目

コンピュータシステム基礎論、OSS基礎論、情報ネットワーク基礎論、プログラミング基礎演習、情報セキュリティ特論、ICTソリューション特論、ソフトウェア工学特論、プログラミング特別演習、プロジェクト管理特別実験、アプリケーション開発演習、要求分析演習等

社会開発・イノベータ系科目

探究実践演習、ICT4D基礎論、社会開発基礎論、創造性開発論、リーダーシップ開発演習、異文化コミュニケーション論、国際協力基礎論、ICT4D演習(プログラムマネジメント)、ICT4D特別実験1、2、3(行政、教育、医療、農業、環境、防災、社会インフラ等)等

特別プログラム

都市計画特論、GIS特論

特定課題研究

解決課題の発見、解決仮説の構築と検証、及びICTを用いた解決策の実施と効果検証を実践し、修士論文を作成する。

学校説明会開催中! 資料請求