言語スイッチャー

お知らせ

バングラデシュODAレポート第14弾 ITEE 2019春試験 記録破りの成果

お知らせ

The project got incredible results on ITEE 2019 Spring FE exam in Bangladesh! : For more information about us in English, PLEASE visit our English website: https://www.kic.ac.jp/eng/

前回のレポートで、国内最大1,000以上の団体が出展しているIT専門展示会「Japan IT Week」におけるバングラデシュパビリオンの運営支援の様子をお伝えしましたが、今回、本プロジェクトの最大の成果の一つである、ITEE(情報処理技術者試験)の2019春FE(基本情報技術者)試験がバングラデシュ国内で実施され、記録破りの大きな成果を見せました。

本プロジェクトを開始した直後のITEE2018春試験の合格者は22名となり、プロジェクト開始直前の2017年の春と秋に行われた試験結果と比較すると、合格者数で7~10倍の増加、合格率においても2倍以上の伸びを示し、大きなインパクトを残しました。

その後のITEE2018秋試験においても合格者は34名となり、大きなインパクトを残したITEE2018春試験結果の1.5倍以上の成果を出しましたが、この度行われたITEE2019春試験では、なんとさらにその結果を上回る合格者数45名という結果が示されました。

本プロジェクトが開始される2013年から2017年の国内でのITEE合格者は通算でも100名に達していなかったものの、2018年の春と秋、そして今回の2019年春試験において通算101名の合格者を輩出し、過去4年半(9回)の成果を実に1年半(3回)で上回ったことになります。

この成果は、本プロジェクトが推進するKICオリジナルの「Hanpuku(反復) Learning」がバングラデシュ国内に浸透してきた裏付けでもあり、これまで宮本行庸特命教授が地道に行ってきた国内の大学や企業への訪問活動が結びついた結果となります。

KICは、このようなプロジェクト活動を通じ、バングラデシュをはじめ、JICAなどの国際機関を通じたプロジェクトにより世界のIT産業活性化にも大きな貢献を行っています。世界で活躍したいという方は、ぜひ本学の門を叩いてみませんか?

 

オープンキャンパス開催中! 資料請求