言語スイッチャー

サポート体制

補講・e-learning

高度ICT人材という将来像へ近づくために

体系的な情報技術教育を受ける機会やソフトウェア・プログラミング経験の少なかった学生を対象として、本講義以外に特別講義(補講)を実施し、基礎知識修得の全面的なバックアップを行います。

特別講座(補講)の目的

ソフトウェア・プログラミングの基礎を体系的に身に付けることで、最初のハードルを越えることが目的です。

経験がある学生に比べ最初は少し大変ですが、初心者で入学しても、修了時には経験者の学生と比べても遜色ないくらいに成長しています。成長意欲と将来像目標人材像をしっかり持って取り組めば大丈夫です。

特別講義(補講)実施例

以下のような内容で、入学前の特別集中講座から始まり、2年間を通じて必要に応じ開催いたします。

  • Linux&C言語プログラミング演習
  • システム開発の基礎
  • 問題解決アプローチ
  • 応用プログラミング講座
  • 情報リテラシー
  • 基礎技術解説講座
  • e-Biz補講
  • Subversion入門 等

e-Learningとレベルチェックによる成長サポート

本学では、対面授業でITに関する実務的な内容を修得しつつ、幅広い分野の自己学習を支援するために、e-Learning環境を整備しています。

また、社会人としての基礎力や、経済産業省が策定したITスキル標準(ITSS)に合わせて実務能力やテクニカルスキルのレベルチェックも行い、学生一人ひとりの成長をサポートします。

  • お問合わせ
  • 資料請求

このページを見た人は下記のページもみています。

バックアップ体制

バックアップ体制

将来のキャリア形成に向けて、各学生が目標人材像をイメージした

平日夜・土/長期履修

平日夜・土/長期履修

昼間の授業以外に社会人の方が就業しながら通学できるよう夜間(

就職サポート・実績

就職サポート・実績

就職をサポートのプロである専任の職員が、就職活動をしっかりフ

学校説明会開催中! 資料請求