言語スイッチャー

お知らせ

アフリカ南部のサイクロン被害への寄付のご報告

お知らせ

The cyclone that hit southern Africa at the end of March has caused major damage to Malawi, Mozambique, and Zimbabwe.
KIC Graduates returned to their home country, Malawi and Mozambique, but we confirmed their safe.
We heard the serious damage from them. Then we have been asking for donations from faculty and students for a month. The total amount reached 30,346 yen. We sent our contribution to the Japanese Red Cross Society on June 21.

We are sending our thoughts and prayers and love to all in those countries who are hurting.

3月末に南部アフリカを襲ったサイクロンで、マラウイ、モザンビーク、およびジンバブエの3カ国に大きな被害がもたらされています。
マラウイ、モザンビークには本学の修了生も帰国していますが、彼らの無事を確認することができました。現地の被害の大きさを聞き、本学では、この甚大な災害に対して、5月末より教職員・学生から寄付を募ったところ、集まった寄付金は合計で30,346円となりました。
6月21日に日本赤十字社を通じて寄付いたしましたことをご報告いたします。

オープンキャンパス開催中! 資料請求