言語スイッチャー

お知らせ

【講義レポート】創造性開発特論を取材しました。

研究活動

2017/8/30

創造性開発特論(M1専門領域 /炭谷俊樹学長)は、課題発見や解決のために
必要な創意工夫の力や柔軟な思考力を鍛え伸ばすための授業です。
アイディア創成や発想法などに関する様々な手法を取り入れながら、
アクティブラーニング形式で学んでいきます。
今回取材をした第2回・3回(8/28・29)の講義では、
ゲスト講師にサービスデザイナーの北村和香子先生をお招きし、
「顧客経験価値」や「デザイン思考」に関して、
その概念から製品・サービス創造の手法までを実践的にご指導頂きました。
製品やサービスそのものではなく、それを使う人々の体験やそれに伴う感情に
フォーカスする商品開発やマーケティングの手法は、近年、多くの企業が積極的
に導入しはじめており、消費者である私たちも、自然なかたちでその製品やサービス
に慣れ親しんでいます。
一方で、提供側の立場で製品やサービスを考えるためには、ある種のスキルを要する
面もあり、今回そのトレーニングを受けた学生の方々は大きな刺激を受けた様子でした。
今後のICT開発の面でも活かしていける、より人間本位なものの見方、考え方を経験する
良い機会となりました。
北村先生、ありがとうございました。

 

 

 

 

学校説明会開催中! 資料請求