X
言語切り替え
KICにおける生成AI活用ガイドラインの紹介 - 新たな知識の可能性への一歩
より良い社会、未来をつくるためにKICができること -デジタルパンフレットのご案内-

お知らせ

株式会社ノベルワークス様との初のインターンシップ「TritechCamp MEET UP」を実施

お知らせ

神戸情報大学院大学(KIC)は2023年2月6日~3月31日の期間、株式会社ノベルワークス(本社:大阪府大阪市西区、代表:満村 聡)様と協働で、企業で抱える様々なシステム課題をワークショップやインターンシップを通じ、解決のお手伝いを行うプログラム「TritechCamp MEET UP!!」(トリテックキャンプ ミートアップ)を実施し、最終日である2023年3月31日にインターンシップ成果報告会を開催しました。

本プログラムは、実際の課題を抱えた企業様を公募し、課題テーマを提供していただいた企業様に訪問、業務の実態をインタビューし、問題の本質を見つけ出すところからスタートしました。

熱意あふれる若い経営者と直接お話する機会や、ものづくりの現場の方々との会話を通じて、定期的にオンラインをベースにミーティングを行いながら、KICの学生と株式会社ノベルワークス様が協働で課題解決に繋がるソリューションやビジネスプランの企画・提案を目指します。
プログラム最終日である2023年3月31日の報告会では、3つのワークグループが、それぞれの検討課題に対する提案内容の成果発表を行いました。各チームのテーマは以下の通りです。

Aチーム:人材関連サービス取り組みのご提案
Bチーム:ツールの活用で業務効率化!BtoCの世界でブランディング!データは企業の資産!
Cチーム:クラウドサービスによる環境変化に強い業務システム構築の提案

3チームの中で、見事優秀賞を受賞したCチームの金子さん(ICTプロフェッショナルコース・2022年度4月入学)と浦戸さん(ICTプロフェッショナルコース・2022年度4月入学)は、クラウドサービスによる環境変化に強い業務システム構築の提案を行いました。

この提案はシステム外注先からの保守が今後見込めないこと、被災リスクの高い本社所在地でのデータ管理の課題を抱えているある企業様に対して、クラウドサービスに社内業務システムを構築した事業継続力の向上を目的としています。これにより、被災リスクヘッジの対応だけでなく、社員自らが社内業務システムをカスタマイズできるようになり、販売管理や在庫管理業務もシステム化することで、業務の効率化を同時に図ることができます。発表ではシステム対象範囲や実装機能の一覧、システム構成図、業務フローの詳細、概算費用のみならず、システムのデモンストレーションも含め、実業務に則した提案が行われました。

プログラム期間中、参加した学生たちは、企業様へのインタビューでは業界の専門用語、業種、業界の背景の理解などが難しく、お客様の困りごとのキーとなるポイントにたどり着くための、円滑なコミュニケーションの実現に苦労していた様子ですが、その過程で、数多くのヒアリング、プロトタイプシステムを使ったプレゼンテーション方法の工夫など真摯なコミュニケーションを通じてお客様の信頼を得ていくプロセスという、貴重な体験を得ることが出来たようです。

参加された企業様から「自分たちでは気づかない提案をしてくれた。」とのコメントもあり、KICの学生にとって、大きな自信となったようです。

今後もKICは株式会社ノベルワークス様をはじめとする地域の企業様と連携し、実社会の課題解決を通じた人材育成を推進して参ります。

オープンキャンパス申し込み

オープンキャンパス参加お申し込み 参加お申し込み