X
言語切り替え
2年間の学費を全額免除する「特待生」を新たに募集します!
アフガニスタンに関する神戸情報大学院大学の対応

お知らせ

< 9 /30 更新>【要確認】兵庫県の「緊急事態宣言」解除に伴う本学の対応について/< 9 /30 Update><Attention> Our response and measures to the Lifting of the “Declaration of State of Emergency”

お知らせ

*English follows Japanese

教職員、学生の皆様

兵庫県に発出中の「緊急事態宣言」は9月末をもって解除されます。

とはいえ、兵庫県の新規感染者数や病床使用率は、依然として「まん延防止等重点措置」並のステージⅢの状況にあります。

緊急事態宣言解除は、決してコロナに対する警戒を緩めることではありません。今後は、より自主的・自発的な感染対策の徹底が求められます。本学も引き続き感染防止策を実施しますので、よろしくお願いします。

◇緊急事態宣言解除に伴う本学の対応措置

1.実施期間:2021年10月1日(金)より

2.詳細は以下の通りです。

講義・ゼミ

1. 授業(午前/午後)は、状況に応じて、担当教員の判断で下記のいずれかで実施します。

 - ハイフレックス(教室からZoom発信)

 - オンライン(自宅等からZoom発信)

 - 教室のみで実施(感染対策に十分注意して)

2. 授業(夕方イノベ/夜プロ)は、オンラインで実施します。

3. ゼミについては、指導教員の判断で実施されます。

※授業やゼミの実施方法については、必ずmoodleやメールの通知及び各担当教員あるいは教務委員に確認し、教員の指示に従ってください。

事務窓口

・月~土 10:00~17:00まで、引き続き交代制の在宅勤務を実施するため担当人員を減少して業務を実施します。
・窓口担当が少なくなるため、ご迷惑をおかけする点があるものと存じますが、ご理解とご協力をお願いします。

施設利用

・施設の利用は、下記の通りとします。
①利用時間は9:00~17:00までとします。原則として17:00には退去してください。

②研究室、図書館及び授業で使用する場合の教室は、感染対策をとっていただくことを条件に通常通り使用できます。

③自習スペースと飲食スペースの利用は、できる限り避けていただくようお願いします。使用する場合は、十分な感染対策をとっていただくとともに、使用後はアルコール消毒の徹底をお願いします。

 

【重要】

◇「空気と一緒に滞留するウイルス」への対策をしっかりとろう

最新の研究では。コロナの感染経路として、“空中を浮遊するエアロゾルを通して感染が広がる(airborne infection)”可能性が指摘されています。これに対する対応として、「こまめな換気」でなく、「常時換気」が求められています。

具体的には“空気の通り道”を作ることです。空気が部屋をくまなく流れるためには、対面する二つの窓などの空気の入口と出口を1カ所ずつ5~10センチ程度常に開けるのが望ましいとされています。

これからの季節は開放に対する抵抗もあると思いますが、寒さ対策をしっかりとって上で、「常時換気」を実施するよう、特に教職員の皆様の尽力をお願いします。

◇兵庫県知事からのメッセージ

緊急事態宣言解除に伴い兵庫県知事からメッセージが発信されています。メッセージをよく読み、責任ある行動の徹底をお願いします。(日本語)

https://www.kic.ac.jp/wp-content/uploads/2021/09/cb252abf59aea82251386709c9a302f3.pdf

◆兵庫県の新型コロナウイルス感染症に関する情報

https://web.pref.hyogo.lg.jp/

◆兵庫県ワクチン大規模接種情報

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf16/daikibosessyu.html

◆神戸市ワクチン接種情報

https://www.city.kobe.lg.jp/a73576/kenko/health/infection/protection/covid-19_vaccine.html

2021年9月30日

神戸情報大学院大学

研究科長 土田 雅之

事務局長 福原 敏雄

 

Our response and measures to the Lifting of the “Declaration of State of Emergency”

Dear faculty members and students at KIC,

The “Declaration of State of Emergency” currently being issued in Hyogo Prefecture will be lifted at the end of September.

Nevertheless, the number of newly infected patients and the hospital bed utilization rate in Hyogo Prefecture are still at Stage III, on par with the “priority measures to prevent the spread of the disease.” Lifting the declaration of a state of emergency does not in any way mean that we should relax our vigilance against COVID19.  Instead, we are required to take more spontaneous and independent actions to prevent the spread of COVID19 infection. KIC will continue to implement infection prevention measures.

◇Measures to be taken by the University upon the lifting of the declaration of a state of emergency

1.Implementation period: From October 1, 2021 (Friday)

2.Details are as follows.

Lectures and seminars

1. Classes (morning/afternoon) will be held at the discretion of the instructors, depending on the situation, in one of the following ways

 - High Flex (Zooming from the classroom)

 - Online (Zooming from home, etc.)

 - Conducted in the classroom only (with due attention to infection control)

2. Classes (Evening Innovator / Evening Professional) will be conducted online.

3. Seminars will be conducted at the discretion of the supervisor.

※Please be sure to check Moodle, email notifications, and your instructors or the Education Committee for information on how to conduct classes and seminars, and follow the instructor’s instructions.

Office

・Monday to Saturday 10:00 to 17:00, we will continue to operate with a reduced number of staff due to the implementation of working from home in shifts

・As the number of office staff will be reduced, we apologize for any inconvenience this may cause, and ask for your understanding and cooperation.

Facility Use

・Use of the facilities shall be as follows
①Hours of use are from 9:00 to 17:00. As a general rule, please leave the building by 17:00.

②Laboratories, libraries, and classrooms may be used as usual, provided that infection control measures are taken.

③Please try to avoid using the study space and the eating space as much as possible. If you use them, please take adequate infection control measures and disinfect them with alcohol after use.

【Important】

◇Take thorough precautions against “air-borne viruses.”

The latest research suggests that corona virus can be spread through aerosols floating in the air (airborne infection). To cope with this, “constant ventilation” is required instead of “frequent ventilation”.

Specifically, we need to create “air passages.” In order for the air to flow through the room, it is desirable to always open the air inlet and outlet, such as the two facing windows, about 5 to 10 cm each.

There may be some resistance to opening the doors in the coming season, but we would like to ask for the efforts of the faculty and staff members in particular to implement “constant ventilation” after taking adequate measures against the cold.

◇Message from the Governor of Hyogo Prefecture

The Governor of Hyogo Prefecture has sent out a message following the lifting of the declaration of a state of emergency. Please read the message carefully and ensure that you act responsibly.(Japanese)

https://www.kic.ac.jp/wp-content/uploads/2021/09/cb252abf59aea82251386709c9a302f3.pdf

◆Information on new coronavirus infections in Hyogo Prefecture

https://web.pref.hyogo.lg.jp/

◆Hyogo Prefecture Mass Vaccination Information

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf16/daikibosessyu.html

◆Kobe City Vaccination Information

https://www.city.kobe.lg.jp/a73576/kenko/health/infection/protection/covid-19_vaccine.html

September 30th, 2021

Kobe Institute of Computing

Masayuki Tsuchida, Graduate School Dean,

Toshio Fukuhara, Director of Secretariat

オープンキャンパス
お申込み

オープンキャンパス<br>お申込み
SDGs 教員紹介

オープンキャンパス申し込み

オープンキャンパス参加お申し込み 参加お申し込み