X
言語スイッチャー
本学における新型コロナウイルス感染症予防に対する取り組みについて / KIC's work on the prevention of COVID-19
特設ページ

新型コロナウイルス感染症への
KICの対応について

本ページでは※新型コロナウイルス感染症に関する対応をまとめています。
最新の情報についてはお知らせに随時公開しますので、ご確認ください。

本学の対応について

神戸情報大学院大学(神戸市中央区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、学生と教職員の健康を守るため、緊急事態宣言期間の間、演習を含む全ての授業と新入生オリエンテーションなどの学内イベントをオンライン化しています。

オンライン会議システムを使用して教員が自宅から授業を提供し、学生は自宅にて授業に参加することで、外出の機会を抑え、感染リスクの低減に努めています。入学に合わせての来日が果たせなかった海外からの留学生も母国で参加してもらうことで、全ての授業を休講にすることなく100%実施しています。

緊急事態宣言期間の間、演習を含む全ての授業と新入生オリエンテーションなどの学内イベントをオンライン化

オープンキャンパスなどイベント開催について

オープンキャンパスもオンラインで実施しています。事前にZOOMのミーティングURLをお知らせし、指定された日時にそのURLからご参加いただくスタイルです。顔を出さずにご参加いただいても大丈夫です。

ご自身のスマホやPCの画面上で共有された資料を確認しながら、「学校概要説明」や「教授によるカリキュラム解説」を聞いていただきます。ご自宅からリラックスした環境で本学についてご理解いただけます。

ミュートを解除して、その場でお気軽にご質問ができたり、神戸や大阪はもちろん、東京など関東地域からも距離を気にせず参加できるなどオンラインならではの良さがたくさんあり好評です。

また、実際に参加をご希望される方には、マスク着用などの対策のうえでご来校いただけます。その場合、感染症対策のため、本学教職員もマスク着用にてご対応させていただいております。

オンラインでもオフラインでもご希望に応じて本学のオープンキャンパスにご参加ください。

オープンキャンパスもオンラインで実施しています。事前にZOOMのミーティングURLをお知らせし、指定された日時にそのURLからご参加いただくスタイル

授業の実施について

本学では、4月はじめの緊急事態宣言に際して、感染リスクを減らすため登校は禁止して、全面的にオンライン(Zoom)授業に切り替えました。

情報大学院ということもあり、教員や学生もすぐに対応して授業を中断することなくスムーズに移行できました。

オンライン授業では若干不便な面もありますが、逆に効果的な面もあります。例えば、夜間に受講している社会人学生などは、自宅から受講することが可能ですし、録画対応もしているので自由な時間に確認することもできます。

アジアやアフリカの留学生で帰国したが日本に戻れない学生も、自国からオンラインで授業やゼミを受講することができています。

その後、緊急事態宣言が解除されて、徐々に教室での授業も復活しつつありますが、必要に応じて教室でも自宅からでも受講できるように体制を整えています。また、オンライン授業に対しても、教員と学生が共に意見を出し合い、より効果的に実施できる形を工夫し続けています。

本学では、4月はじめの緊急事態宣言に際して、感染リスクを減らすため登校は禁止して、全面的にオンライン(Zoom)授業に切り替えました

オープンキャンパス申し込み

オープンキャンパス参加お申し込み 参加お申し込み