「エキスパート」を育成する
IT系専門職大学院・神戸情報大学院大学
ビジネスに活きる課題解決型ITスキルを習得

働きながら、IT修士号を取得 フルリモートでITを学ぶ。

フルオンライン履修生・募集中!
1対1でじっくり相談したい
働きながら、IT修士号を取得 フルリモートでITを学ぶ。
1対1でじっくり相談したい
ITスキルを身につけたい社会人の方へ
こんな悩みを
お持ちではないでしょうか?
    平日・昼間の仕事が
    多忙で
    通学が難しい...
    文系出身でIT分野の
    経験がない...
    海外や遠方で仕事を
    していて、
    通学できない…
    ビジネスに活きるITスキルを
    学べる学校が少ない...
神戸情報大学院大学(KIC)フルオンライン履修制度の特色

あなたのライフスタイルに合わせ、
どんな場所からでも通学時間ゼロ

働きながら、子育てしながら、
昼、夜、あなたのライフスタイルに合わせ、
教員やクラスメイトと双方向で
コミュニケーションを取りながら学べます。
KICオリジナルの課題解決手法「探究実践」では積極的に現場に出ていき、KICの持つ企業や自治体などのネットワークと連携を行いながら、研究を進めていくことでIT企業だけでなく様々な領域で課題解決や価値創造を提供できる能力を獲得できます。
feature
feature
ITの修学・就労経験は不問。
多様性に満ちた環境で
基礎から応用まで体系的に学べます
ITの修学・就労経験は不問。多様性に満ちた環境で
基礎から応用まで体系的に学べます
入学者の約半数はIT修学・就労経験の無い方です。また、日本人のみならず、アフリカ・中東、アジアなど世界中から集まった学生と交流しながら、基礎的なIT知識からITをビジネスに応用するスキルまで段階的にステップアップできるカリキュラムを用意しています。
ITスキルとビジネススキル
バランスよく学ぶことができる「探究実践」
KICオリジナルの課題解決手法「探究実践」では積極的に現場に出ていき、KICの持つ企業や自治体などのネットワークと連携を行いながら、研究を進めていくことでIT企業だけでなく様々な領域で課題解決や価値創造を提供できる能力を獲得できます。
feature
  • feature
    AI×探究を学べる
    専門職大学院としての実績
  • feature
    80か国を超える
    多様な学生との国際的交流
  • feature
    平均的な大学院を超える
    高い外部評価
KIC・フルオンライン履修制度利用のメリット

2年間で最大80万円の学費減免

「フルオンライン履修制度」と「学生応援奨学金制度」※の併用で、最大80万円学費の減免を受けることが可能です。
merit
詳しくは、『フルオンライン履修要項』をご確認ください
※学生応援奨学金制度・・・
受験者のうち、本学入学への高い意欲を持ちながら、考慮すべき事由のある日本国籍の私費負担入学希望者に就学機会を与えるため、年間20万円 の奨学金を付与する制度です。
1対1でじっくり相談したい
expert

IT修士号を取得して
職業人材(エキスパート)への
道を切り拓く

KICは国内でも数少ないIT系専門職大学院です。研究者を育成する従来の大学院に対し、専門職大学院では高い専門性を持った職業人材すなわち「エキスパート」を育成しています。

merit

様々なライフスタイルの学生が
オンライン授業を活用しています

さまざまな目的を持った社会人の方が
働きながら学んでいます。
interview

フルリモートでも距離が近く、心満たされた時間

Y.Kさん|2023年4月ICTプロフェッショナルコース入学

関東でダブルワークをしていますが、フルオンライン履修制度のおかげで仕事と両立でき、想像以上に心満たされた時間を送ることができています。

多様な先生方や学生と密にコミュニケーションができるためフルリモートでも距離が近く、社会人にも配慮された体制となっています。学んだ内容は仕事で即活かすことができるため、仕事に関わる知識のほか、他業界・他職種協働を行う上でとても役に立っています。

interview

時間や距離の制約を超えた、新たな世界

T.Mさん|2023年4月 プロフェッショナルコース入学

フルタイムで勤務中ですが、フルオンライン履修のおかげで仕事と両立できています。授業では演習やグループワークも多く取り入れられ、臨場感のある学習ができております。

フルオンライン履修のおかげで、時間や距離の制約を超えて新たな世界に踏み出すことができたと感じています。

interview

仕事との両立に最適な環境です。

M.Mさん|2022年4月ICTプロフェッショナルコース入学

ICTを活用して国際協力という仕事にもっとビジネスとして関わりたいと思い、関東で仕事をしながらKICに入学、フルリモートで日々研究に励んでいます。仕事をしながら学生をする私のような人にとって、通学時間が無いオンラインという環境は大変相性がいいことを実感しました。また、日々の授業や発表では、社会人学生の私に打ち合わせの時間など配慮いただけるので、助かっています。

interview

海外からでもリアルタイムで授業を受けています。

M.Kさん|2022年10月ICTイノベータコース入学

海外で仕事をしながらKICに入学、フルリモートで日々勉学に励んでいます。

海外からリアルタイムで授業を受けていますので、日本時間に合わせて出席することが大変ですが、長期履修制度を活用して、無理のない範囲で授業を受けています。KICは世界中の学生と共に遠く離れた地でICTを学べる環境です。

実務経験豊富な教授陣と多様なカリキュラム

実務経験豊富な教授陣と
フルリモートで探究やAIなどの
多様なカリキュラム

世界銀行や外務省などの国際開発現場や、ソニー㈱やパナソニック㈱など大手IT企業で勤めてきた教授陣による様々なカリキュラムと研究テーマを通じてITを学び、どのように活かすか指導します。

KICでフルリモートで学べる探究やAIなどの科目例

  • #探究実践演習
  • #創造開発演習
  • #ICTキャリア教育
  • #企業セミナー
  • #プログラミング基礎論Python
  • #ノーコードICT活用
  • #ICTビジネス戦略論
  • #AI特論
  • #ビジネスプロセス特論
  • #プロダクトマネジメント
  • #ICT4D
  • #日本の国際協力

修了後のキャリア例

  • エンジニア

    SE・プログラマー

  • ビジネス

    企画・コンサル・起業

  • 社会開発

    国際開発・ソーシャルビジネス

修了後、幅広い分野で活躍しています

  • career
    エンジニア系
    図書館司書 ▶【図書館×IT】
    ⇒念願のSEとして就職
    20代・女性(卒業時)
  • career
    ビジネス系
    福祉業界 ▶【福祉事業 × IT】
    ⇒ICT×リハビリテーションで起業
    40代・男性(卒業時)
  • career
    社会開発系
    広告業界 ▶【外国人支援× IT】
    ⇒国際開発系のコンサルティング会社に就職・アフリカエリア担当
    30代・男性(卒業時)
1対1でじっくり相談したい

Q&A

よくある質問|入学検討者の方からKICにいただくご質問と回答をご紹介します

  • Q.

    仕事があるので、すべてオンラインの履修だけで修了することは可能ですか?

    A.
    修了できます。選択科目の一部に対面受講が必要な科目がありますが、こちらを選択・履修せずに修了要件を満たすことが可能です。
  • Q.

    学業と仕事をちゃんと両立できるか不安なのですが...

    A.
    ご安心ください。KICでは平日夜間・土曜にも授業を開講している他、3~4年間で修了する長期履修制度もあるため、これらの制度や仕組みを活用することで仕事を続けながら学ぶことが可能です。
  • Q.

    学費を支援する制度はありますか?

    A.
    年間20万円を付与するKIC独自の給付型奨学金(学生応援奨学金制度※条件あり)や、日本学生支援機構の奨学金、厚生労働省による専門実践職業訓練給付金制度があります。詳しくは「学費などへの支援」ページを参照してください。
  • Q.

    フルオンライン履修生で取得できる学位と通常履修生で取得する学位は違いますか?

    A.
    同じです。「情報システム修士(専門職)」(英文名称“Master of Science in Information Systems”)が取得できます。
  • Q.

    通信教育とは何が違うのでしょうか?

    A.
    通信教育は提供された履修用のテキストを使い、自ら学ぶ「一方向型」の教育ですが、KICはインターネットメディアなどを活用し、授業を行う教室等以外の場所で履修させる双方向型の教育という点で異なります。正規課程の講義やゼミ(研究指導)をリモートで履修できます。
  • Q.

    好きな時間に受講できますか?

    A.
    科目は基本的に日本時間の 9:20 から 22:00 になり、 双方向型のオンライン授業を受講する場合は、開講時間に合わせて出席する必要があります。
  • Q.

    海外からも入学できますか?

    A.
    海外から入学できます。入学試験も全てオンラインで実施します。各科目やゼミ(特定課題研究)のは日本時間を基準に開講されますので、時差のある国から入学される場合は、開講時間に受講ができるかを事前(ご入学前)にご確認ください。
  • Q.

    入学後に通常履修生からフルオンライン履修制度生への切り替えや、フルオンライン履修生から通常履修生への切り替えはできますか。

    A.
    フルオンライン履修生への申し込みは出願時に必要です。原則として、入学後に通常履修生からフルオンライン履修生へ変更することはできません。フルオンライン履修生から通常履修生に変更を希望する場合は、学長の許可を得て、変更できる場合があります。ただし、フルオンライン履修生制度によって減免された学費の返還が必要になります。

入試スケジュール

試験回 出願締切 試験日 結果発表
第1回 2023/10/20(金) 2023/11/4(土) 2023/11/11(土)
第2回 2024/1/5(金) 2024/1/20(土) 2024/1/27(土)
第3回 2024/2/16(金) 2024/3/2(土) 2024/3/9(土)
1対1でじっくり相談したい