言語スイッチャー

お知らせ

【参加報告】留学生の市民防災世界会議参加と東北視察

学生の活躍

2015/3/31

2015年3月17~18日、本学イノベータコースの学生10名が、東北被災地視察で宮城県を訪れました。
3月17日は、仙台で開催された第3回国連防災世界会議のパブリックフォーラムである「市民防災世界会議」に参加し、国内外からのゲストのスピーチやシンポジウムの聴講に加え、東北被災地の伝統芸能などの日本文化にも触れることができました。

2日目の3月18日には、東日本大震災の津波により大きな被害を受けた、石巻市を視察しました。石巻津波伝承ARアプリを使い、過去・現在・未来をスマートフォン/タブレット端末で確認しながら街歩きをすることにより、震災直後と震災後の様子、復興の進捗状況、未来の石巻の姿を学びました。

本格的な復興はまだまだこれからという印象を受けましたが、震災から学んだことを活かしながら、人々が安全に暮らせる街の再建が進められています。

被災しながらも力強くがんばっておられる街の人々との交流も、大変貴重な時間となりました。母国の課題解決のために本学で学ぶ学生にとって、大変学びの多い2日間となりました。

フォトギャラリーは本学Flickrにてご確認ください。
https://www.flickr.com/photos/128729250@N05/sets/72157649330846464/

学校説明会開催中! 資料請求