言語スイッチャー

Faculty

吉田 知加 准教授

吉田 知加 准教授

Profile

グローバルコンサルティング・ソフトウェア企業にてプロジェクトマネジメントコンサルタント
大手システムインテグレーターで金融、社会公共部門の開発プロジェクトでマネジメントに従事
日本ユニシス(株)ビジネス開発部長、流通事業部コンサルティング営業部長を経て米国現地法人マーケティングVP
日本オラクル(株)グローバル・リテールビジネスユニット カントリーマネージャー
サンフランシスコ大学大学院 プロジェクトマネジメント専攻(MBA)
筑波大学後期博士課程でアジャイル開発とビジネスを研究

科目・専門分野

  • 技術者倫理
  • 特定課題研究A
  • Requirements Analysis Exercises
  • ICT Solutions

主要な研究テーマ・専門分野

  • ソフトウェア工学、要求工学、アジャイル型ソフトウェア開発、自律分散型組織と経営
  • プロジェクト・プログラムマネジメント、ソフトウェア開発管理、システム・コンサルティング、事業経営

論文

  • “A Study of Project Contract Model for Agile Development”  2013
  • “Disincentives for the Application of Agile Software Development Models in Japan”  2014
  • 「スクラムにおけるストーリーサンプリング見積り方式の提案」 2014

Message

求められるのは、「結果をだせる人材」

情報共有化時代である今日、進化し続けるICT技術・環境をいかに活用し、事業を成功に導くかが、現代の企業経営に大きなウェイトを占めています。そのような企業・組織環境のなかで結果を出していくためには、技術や知識の習得のみならず、
(1) 技術・知識を活かし、問題を解決してゆく能力、
(2) 仕事を成果に結びつけられる遂行力、
(3) 成し遂げたこと、すべきことを関係者に上手く伝えられるコミュニケーション力
これらが、不可欠な能力になります。
KICのプロジェクトマネジメントの諸講義では、「結果をだせる人材」に必要な要素である、「仕事を成し遂げることの体系的な理解」と「仕事に対するものの考え方」を学ぶことができます。
また、ICTソリューション、e-Businessをはじめとする各講義では、ICTの知識をベースにしたビジネスでの実践を目的としたカリキュラムを提供しております。

IT企業での経験をもとに、移り変わりの激しい時代のニーズを先取りし、理論と実践の両輪を回せる人、結果を出せる人を多く育てていけたらと思っております。

このページを見た人は下記のページもみています。

吉田 知加 准教授 研究室

吉田 知加 准教授 研究室

吉田知加研究室では,ICTと社会・組織・ビジネスをつなぐ多様な

一覧へ戻る

学校説明会開催中! 資料請求